鼻づまりをなんとかしたい!副鼻腔炎・蓄膿症・花粉症・アレルギー性鼻炎・鼻水・鼻づまりを自宅でたった3分で解消する方法

小児副鼻腔炎

副鼻腔炎・蓄膿症・花粉症

アレルギー性鼻炎・鼻水・鼻づまり

自宅でたった3分で解消する方法

>> 副鼻腔炎改善方法・詳細


副鼻腔炎

小児副鼻腔炎について

副鼻腔炎は【小児】と【成人】と大別されます。何故なら、小児期には副鼻腔は未完成だからです。また、副鼻腔炎は中耳炎や喘息様気管支炎の原因となることがあります。副鼻腔炎の鼻濡を早期に治癒させることが大切です。


  • 副鼻腔炎の原因

細菌により副鼻腔に炎症が起こることが原因。急性副鼻腔炎の場合、風邪などが原因となり炎症が起こる。慢性副鼻腔炎の場合は、体質的に炎症を起こしやすい粘膜であることが多い。また、アレルギー性鼻炎のある人は鼻粘膜の腫脹が原因となりアレルギー性鼻炎でない人に比べ高率に副鼻腔炎を起こします。

  • 副鼻腔炎の症状

鼻水・鼻づまり・タン・咳などが主な症状。

  • 副鼻腔炎の治療

原則として保存的に(内服で)治療。原因菌の除去に適した抗生物質を用いる。最近では、薬剤耐性菌の増加により難治例も見られる。

  • 乳幼児の長引く風は副鼻腔炎の疑い!?

乳幼児で10日間以上続く咳や発熱・鼻汁・喘鳴などのかぜ様症状の多くの原因が、副鼻腔炎であることが最近分かってきました。特に乳幼児の場合は、鼻汁や鼻閉といった典型症状ではなく、咳・発熱・喘鳴といった一般のかぜと区別しにくい症状であることが多く、風邪・喘息様気管支炎・鼻炎などと診断されたままのことが少なくありません。通常の小児の風邪であれば、3~4日で症状が改善するのが普通。それが長引き、発熱や喘鳴・肺炎などを繰り返すようであれば、副鼻腔炎を疑うべきです。



























a:780 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional